カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

アートワークセラピスト

認定アートワークセラピストのお店
文部科学省所管 財団法人生涯学習開発財団認定マスターアートワークセラピスト

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

表情シリーズセット

■表情シリーズセットの内容
表情カード
表情シート
表情マグネット
表情ポスター
表情シール

監修:本田恵子(早稲田大学教育学部教授)
H.S.C(包括的スクールカウンセリング研究会)

40の表情から、子どもたちが日常的によく使表情を選びましょう。
授業中や家庭、相談室などで手元において活動ができます。
気持ちを言葉にするのが苦手な方のためにカードの裏にはそれぞれの表情の目安となる意味づけが記載されています。
あなたはこのカードの表情がわかりますか?
怒っている顔、笑っている顔、悲しい顔・・・ちゃんと見分けられますか?
コミュニケーションスキルの発達は、相手の表情から感情や気分を読み取ることから始まります。
表情から読み取った感情を言語化してその場面に適した発言や行動ができなければ、対人関係に問題が生じてきます。
子どもも大人も楽しみながらソーシャルスキルの練習に使えます。

表情シリーズ映像解説はこちらをご覧ください。

使用された方の体験談

表情シートについて小学校の先生にお話をお聞きしました!

作文を書く時に、表情シートを使ってみました。
いきなり書けだせない子には、シートを使って「昨日の夜はどんな気持ちだった?」と聞き、そこから何があったのか、おしゃべりします。
そうすると、書く内容がたくさん思い出されるので、作文を書く際にスムーズに書き始める事が出来ました。
また、出来事だけを羅列したような作文を書いている子には、その時感じたことを盛り込んで、内容を深めてもらいたいと思い、文を書いている途中で表情シートを使って、「これをやった時はどんな気持ちだったの?」というふうに五感で感じたことを引き出すきっかけにしています。
表情カードをもとに作文つくりをしてもおもしろいかもしれませんね。

表情ポスターについて中学校カウンセラーさんにお話をお聞きしました!

登校しぶりがある子に、表情ポスターを使いました。
学校の何がいやなのか?「今、朝、昨日の夜」と場面を区切って気持ちを区切っていくことにしたのです。そうすると、その子は1時間目が一番緊張するということがわかりました。
緊張するとトイレに行きたくなってしまい、それが心配の種になっていたようです。それからどうしたら良いのかと解決策を出し、その子は少し落ち着けたようでした。登校しぶりがすぐになくなったわけではないのだけれど、気持ちを整理し何がいやだったのか原因がわかったことで、良い手立てを考える事ができました。
私は、最近自分の気持ちがわからない子どもが増えているような気がします。
感情の分化が上手になされていないので、気持ちを言葉にするのが苦手、また表現する言葉を知らないように感じています。
型番 H2105CA007
定価 20,159円(本体18,666円、税1,493円)
販売価格 21,600円(本体20,000円、税1,600円)
購入数

ピックアップ商品